相続


熟慮期間
・「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。」(§915)。


・「十五歳に達した者は、遺言をすることができる。」(§961)

・「遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない。ただし、特別の方式によることを許す場合は、この限りでない。」(§967)
* 自分のコーヒーと覚える。
(1) 自筆証書遺言
(2) 
(3) 秘密証書遺言
・「秘密証書による遺言は、前条に定める方式に欠けるものがあっても、第968条に定める方式を具備しているときは、自筆証書による遺言としてその効力を有する。」