相続

熟慮期間・「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することが…

親族

Ⅲ. 親族第2. 婚姻1. 婚姻の成立(1) 婚姻意思の合致・「民法742条1号にいう「当事者間に婚姻をする意思がないとき」とは、当事者間に真に社会観念上夫婦であると認められる関係の設定を欲する効果意思を有しない場合を指し、たとえ婚姻の届出自体について…

【債権総論】特定物債権・「債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は、その引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならな。」(§400)。種類債権・「」債務不履行* 痴態、来知精と覚える。・「債務の履行について確…

【3月12日】債権の発生

第1. 債権の発生1. 契約(1) 贈与・「贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。」(§549)・「書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる。ただし、履行の終わっ…

――――――――――――――――――――第1. 留置権1. 効力(1) 優先弁済的効力・「留置権による競売及び民法、商法その他の法律の規定による換価のための競売については、担保権の実行としての競売の例による。」(民事執行法§195)。(2) 留置的効力(3) 収益的効力2. 性質・付従…

【民法の地図】

● 3月11日~15日で憲・民・刑の短答の整理。● 3月16日で論文の総整理。● 3月17日から1章ずつで4月1日に受験する。● 5月15日~に向けた整理。【民法の地図】(3月11日-3月15日) Ⅰ. 物権【3月11日】第1. 用益物権1. 地上権2. 永小作権3. 地役権第2. 担保物権1…